シャドーボックスとは

シャドーボックスは、日本では「3Dアート」(立体絵画)などと呼ばれます。
 「紙の彫刻」などと比喩される場合もあります。

日本では「シャドーボックスやってます」と言うと、「何それ?」という反応をされることが多いですが、
 アメリカに住んでいた頃は日本人で駐在で来ていた奥様方では結構メジャーな習い事の1つでしたし、
 つい先日、近所の化粧品を扱うお店を通りかかった時にお店の中にシャドーボックスの作品が飾ってあるのを目撃し、ちょっとお話を伺ったところ、以前デンマークに住んでいた時に友人から譲り受けたのだと仰っていました。
 シャドーボックスを知ってる、という方のお話をよく伺うと、以前海外にいらっしゃったりだとか、
 そういう友人が身の回りに居る方が多いです。

シャドーボックスは、
 1、厚紙を切って
 2、丸みをつけて
 3、貼る(最後に額入れする)
 という単純に言うとその3工程しかない工作なので、誰にでも作れます。
 込み入った絵柄を選ぶと時間もかかりますし、器用さも必要になるかもしれませんが、
 ハガキサイズぐらいの小さいものから、簡単な図柄を選んでスタートすれば、本当に誰にでも作れます。
 「私は不器用だから〜」と言っている方でも、多少線どおりに切れなくても、
 意外と美的センスがあって、紙を乗せていくと美しく作れる方もいます。
 そんなに謙遜しなくても大丈夫です。

日本人は手先が器用な方が多いですね。
 日本で流行らないのはもったいない!と思っています。

きっと、少しやってみると「あっ、意外と簡単に可愛いのできた!」と感動してくれると思います。

もう少し具体的な作り方を知りたいという方は、以前書いたブログ記事がありますので、ご覧ください。